MENU

キノコ由来の抗がん剤

古来からキノコは漢方薬として親しまれてきました。キノコ由来の抗がん剤として、シイタケに含まれるレンナチン、スエヒロタケのソニフィラン、カワラタケのクレナチンという成分が日本では正式な抗がん剤として認可されています。それらの成分は全てβグルカンの一種です。

ハナビラタケにはβグルカンが大量に含まれています。平成8年に人工栽培されるようになり、そのほとんどが高い栄養価ゆえにサプリメントになっていきました。

らに、その人工栽培されたハナビラタケを財団法人日本食品分析センターで分析試験にかけたところ、抗がんとして有名なアガリクスの3倍~4倍ものβグルカンが含まれていることが分かりました。アガリクス100gのβグルカン量は11.6g、舞茸8.1gですが、ハナビラタケには約40g近くも含まれています。【注:販売されているハナビラタケによって多少含有量は異なります】

長年、栄養価の高さが注目されていたために、その美味しさにはほとんど注目されず、生鮮でスーパーで見かけることはほとんどありませんでした。ハナビラタケ栄養価が高いだけではなく、アミノ酸も豊富で、特にグルタミン酸という旨味成分が昆布と同等量含まれています。なので、お出汁として使っていただいたり、煮物にも最適です。